記事一覧

2017年6月10日

9月2日(月)本部・塩川港での集中抗議行動を行います。普天間事務所に午前8時30分集合です。

8月10日に開催された事務局会議で、命どぅ宝!琉球の自己決定権の会としての「本部・塩川港」での集中抗議行動日を9月2日(月)に決定しました。午前8時30分に普天間事務所に集合し、9時出発です。車を乗り ...
続きを読む

中日新聞「ニュースを問う」に遺骨返還問題が4回にわたり掲載されました。

「昭和初期、京都帝国大(現京大)の研究者が沖縄の墓から多数の人骨を持ち出した。九十年後、子孫らの返還の求めを京大は拒み続ける。アカデミズムとして今の時代にふさわしいのか。大日本帝国時代の沖縄統治、現代 ...
続きを読む

2019.05.17.琉球人遺骨返還請求訴訟第2回公判報告

5月17日の遺骨返還請求訴訟の第2回公判の報告を、意見陳述を行った玉城毅(タマグシク・ツヨシ)さんに報告していただきました。 「琉球人遺骨返還請求」第2回公判が5月17日午前11時から、大法廷(増森珠 ...
続きを読む

8月30日(金)午後2時から京都地裁において、遺骨返還請求訴訟の第3回弁論があります。

第3回弁論は8月30日(金)午後2時からです。場所は京都地裁大法廷。原告の金城実さんの意見陳述と被告京都大学の答弁書への反論です。 金城さんは、琉球・浜比嘉島でのご家族の葬送の歴史や、戦死された父親を ...
続きを読む

8月29日(木)午後7時より、大阪で「なぜ、琉球遺骨返還訴訟を闘うのか」が開催されます。

午後7時からです。場所は「ドーンセンター(パフォーマンススペース)」(地下鉄・京阪「天満橋」下車)。原告の亀谷正子さんと金城実さん、弁護団の丹羽雅雄さんのお話があります。1,000円、学生・障がい者は ...
続きを読む

2019.06.01.「今帰仁で考える百按司墓(むむじゃなばか)盗骨問題」が開催され、82名の参加者がありました。会員Nさんの報告です。

はいさ~い。わたしたちのホームページにお立ち寄りくださり、いっぺーにふぇーでーびる! 去る6月1日土曜日に今帰仁村中央公民館において、北部地区では初開催となる百按司墓盗骨事件につての報告会が開催されま ...
続きを読む

(開催済みです)7月6日(土)午後4時より、しまんちゅスクール主催のトークイベントを当会事務所(レキオスクール・スペース)で行います。要予約です。

神奈川大学准教授の後田多敦さんを迎えてのトークイベントです。午後4時から午後5時30分を予定しています。参加費は500円。参加希望の方は、しまんちゅスクールへの予約(担当・照屋さん)をお願いします。 ...
続きを読む

2019.05.12.シンポジュウム「琉球併合140年 日本『復帰』の総括と脱植民地化 日琉同祖論を乗り越える」が開催されました。参加者は175名でした。

5月12日に西原町中央公民館にて、当会主催のシンポジュウム「琉球併合140年 日本『復帰』の総括と脱植民地化 日琉同祖論を乗り越える」が開催され、175名の参加者がありました。 このシンポは、日本によ ...
続きを読む

(開催済みです)7月13日(土)午後3時より、浦添市社会福祉センターにおいて、「幻の名著『沖縄の歩み』復刻記念シンポジュウムを開催します。

岩波現代文庫から「沖縄の歩み(国場幸太郎・著)」が、2019年6月に復刻されました(編者は新川明氏と鹿野政直氏)。この復刻を記念してシンポジュウムを開催します。主催は「沖縄の歩み」復刻記念シンポジウム ...
続きを読む

(開催済みです)6月1日(土)午後2時より、今帰仁村中央公民館講堂にて「百按司墓盗骨問題を考える講演と報告の集い」を地元の今帰仁村で開催します。

1928年から29年にかけて、旧京都帝国大学の金関丈夫助教授により、今帰仁村百按司墓から盗骨された遺骨59体。そのうちの26体が現在も京都大学に保管されていて、その返還に関して京都大学は未だに誠意ある ...
続きを読む
Loading...